職種や業種の希望を決めておく

やりたいことと、できることは違うことを理解する。

転職の場合、最も大事になるのは「これまでの経験を活かす」のか、「新しいことに挑戦するのか」ということです。営業職から営業職への転職であれば、業界知識を身に付ければ経験をフルに活かすことができ、即戦力として採用、さらに給与も優遇される場合が多いでしょう。逆に未経験の仕事に挑戦する場合は、給与ダウンは避けることができない可能性が高いので、その部分も考慮した上で「自分がやりたいことを追求する覚悟」が必要です。

あとは、どんな環境で働きたいのかをイメージすることも大切です。社員同士が仲がいい職場で楽しく働きたいのか、ベンチャー企業のような意識が高い職場で自分を高めていきたいのか、自分の気持ちをきちんと整理してから会社を選びましょう。ここがマッチしていないと、せっかく入社しても違和感を感じたり、居心地が悪かったりなどの問題が生じてしまいます。転職の第一歩は、“自分と向き合うこと“です。

そして、自分が求める条件を整理する。

例えば、土日祝休みor平日休みではどちらが希望ですか?残業は多くても土日きちんと休めていればいいのか、勤務日も定時あたりでは帰宅したいのか、平日休みでも問題ないのか、など、自分の生活と希望を踏まえた上で次の職場環境を精査しましょう。給与はもちろんのこと、GWや年末年始などの長期休暇なども踏まえた上での年間休日数、交通費や住宅・役職手当、インセンティブ、女性であれば産前・産後・育児休暇など待遇、残業の有無、最近では社内全面禁煙かどうかなど、自分が心地よく働ける環境を自分の目で選ぶことができるのが転職の最大のメリットです。 今の環境より、もっといい環境で仕事をするのが転職の正解です。まずは自分の想いと向き合い、条件を書き出すことからスタートしましょう。大切なのは、その先に必ず幸せや成長があることを信じて、粘り強く転職活動を行うことです。

工場の求人といっても多くのものがあります。その中から自分に合ったものを探すのに大切なことがあります。それは自分の経験を活かせることです。