色んな雇用形態の特徴をおさえて決める

なぜ雇用形態が重要なのか?

希望条件を決める際には、給料や勤務時間などを重視する方も多いですよね。実は、それらの要素すべてに関わるのが「雇用形態」なのです。わかりやすい例で言えば、正社員とアルバイトでは給料の支給額に大きな差があります。正社員では月収20万円以上得ることも難しくないですが、アルバイト・パートの場合、時給1,000円程度だと月収20万円に達するのは難しいでしょう。一方、正社員と違い、アルバイト・パートはある程度勤務時間を自由に希望できるというメリットがあります。 このように、雇用形態によって給料や勤務時間などに異なるメリット・デメリットが生じます。だからこそ、仕事探しにおいては雇用形態を重視すべきだと言えるのです。もちろん給料・勤務時間で仕事探しするのも良いですが、希望条件を指定するのであれば、やはり雇用形態を決めておいた方がスムーズに仕事を探せるようになるでしょう。

雇用形態にはどんなものがある?

雇用形態の中でも代表的なのが、前述した正社員やアルバイト・パートです。ただ、これらは大まかな雇用形態のカテゴリであって、現実にはさらに多くの雇用形態が存在します。例えば、派遣社員という雇用形態は人気が高いですよね。一般的には派遣会社に所属している社員が、会社から出される派遣命令を通じて別の職場で労働する雇用形態を指します。正社員などに比べると給料は低い傾向にありますが、一方で勤務時間に自由があったりといったメリットも少なくありません。別の雇用形態として、契約社員も挙げられます。契約社員は一定の期間内は正社員同様に扱われますが、契約期間が過ぎると雇用が終了する雇用形態です。さまざまな職場を経験できるため、人材としてのスキルアップが図れます。

製造業の求人は、短期バイトや契約社員・パートなどの雇用形態があります。希望したシフトで働けることが多いです。